青森県

青森観光はどこへ行く!?子供と一緒に楽しむおすすめスポット6選

投稿日:

青森観光はどこへ行く!?子供と一緒に楽しむおすすめスポット6選

青森を観光する際、子供連れで楽しめる観光スポットをご存知でしょうか?

青森と言ったら、夏休みシーズンに行なわれる迫力満点のねぶた祭りや、美味しいりんごの生産地といった印象がありますが、子供連れで家族みんな楽しめちゃう観光スポットがたくさんあります。

この記事では、子供連れで楽しめる青森観光スポット6選をご紹介していきます。

無料で思いっきり遊べる青森子連れ観光スポット

無料で思いっきり遊べる青森子連れ観光スポット

つがる地球村

つがる地球村は、寛ぎ(くつろぎ)の国、感動の国、アウトドアの国、スポーツの国、遊びの国という5個のエリアからなるリゾート施設です。

寛ぎの国はログハウス風のホテルやコテージに温泉など宿泊施設があるリゾートスポットで、感動の国はコンサートやお祭りなどが行われるイベントスポット、アウトドアの国は炊事場、シャワールームやトイレも完備されているオートキャンプ場で、自家栽培されている野菜や果物を自由に収穫できたり、ペット連れも可能になりました。

スポーツの国は屋外型のスポーツ施設で、テニスコートやバスケットボールコートを始め、パターゴルフ場や相撲場まで幅広くスポーツを楽しめるスポットで、遊びの国は子供だけでなく大人も楽しめちゃうスリル感満載のスライダーがあるプレイランドや、子供用のサーキットで変わり種自転車に乗って遊んだり、広々としたピクニック広場もあります。

つがる地球村は、無料で思いっきり遊び回れる遊びの国だけでなく、5000人も入れる野外円形劇場のある感動の国では大きな花火大会やコンサートも行われたり、寛ぎの国のログハウスや温泉施設で休憩するなどリフレッシュもできちゃうので、家族みんなで一日中満喫できる観光スポットとなっています。

 【詳細情報】 
  • 名称:つがる地球村
  • 住所:青森県つがる市森田町床舞藤山244
  • アクセス:
    【電車の場合】
    JR五能線陸奥森田駅より徒歩約40分
    【車の場合】
    東北自動車道浪岡ICより国道101号経由で約40分
  • 料金:大人・子供ともに入場無料
  • 駐車場:有り(無料)
  • お問い合わせ:0173-26-2855
  • >>公式サイトはこちら

八戸公園

八戸公園は、37ヘクタールもの広大な敷地に子どもが思いっきり遊べる施設がたくさんあって、子供連れの家族が多いオススメのスポットです。

八戸公園はたくさんのゾーンに分かれており、植物園や入口広場ゾーンにはローズガーデンや日本庭園に池などがあり、芝生広場ゾーンには全面が芝生に覆われた多目的広場や交通安全ふれあい広場、展望ゾーンには展望台や滝に水車、15メートルもの高さの縄文親子像や縄文鍋があります。

そして、子供たちが喜ぶ遊園地ゾーンはジェットコースターや遊具がたくさんあり、わんぱくゾーンでは乗馬コーナーや機関車の展示、バーベキューエリアがあり、動物ゾーンはサル山や動物ふれあい広場で小動物と触れ合えたり、サクラの杜(もり)ゾーンにはサクラの広場だけでなく、ソリゲレンデや天候に関係なく室内で遊べるこども館もあります。

とにかく広いので、子供にとっては飽きることなく一日中遊び回れる最高の公園で、夏休みやゴールデンウィークといった混み合う時期でもほぼ入園でき、駐車場も広くて無料なので、大人も子供も嬉しい公園です。

なかでも、遊園地ゾーンにある八戸市こどもの国は入園無料で遊べるので、人気の高いスポットです。

アトラクションごとに料金を払うシステムなのですが、100円の乗り物もいっぱいあるため、そこまでお金もかからず、また2歳3歳から乗れるアトラクションが多いので、小さな子供でも存分に遊べます。

遊園地は冬の時期には閉鎖されてしまうので、ホームページを要チェックだよ!

さらに、わんぱくゾーンに展示されている蒸気機関車や消防車に船などは、自由に乗れるようになっているため、乗り物が大好きな男の子などは特に興奮しちゃうかもしれません。

子供だけでなく大人も一緒になって、青空の下で一日中体を動かして遊ぶのも良いですね。

 【詳細情報】 
  • 名称:八戸公園(はちのへこうえん)
  • 住所:青森県八戸市大字十日市字天摩33-2
  • アクセス:
    【電車の場合】
    JR八戸線 本八戸駅より八戸市営バス「こどもの国入口」「こどもの国通り」/南部バス「こどもの国前」下車
    【車の場合】
    八戸自動車道 八戸ICより10分、八戸駅より20分
  • 料金:大人・子供ともに入場無料
  • 駐車場:有り(無料・1010台)
  • お問い合わせ:0178-96-3409(こどもの国)
  • >>公式サイトはこちら

青森ならではの体験ができる青森子連れ観光スポット

青森ならではの体験ができる青森子連れ観光スポット

ねぶたの家 ワ・ラッセ

ねぶたの家 ワ・ラッセは、青森を代表する大迫力の祭りであるねぶた祭りの歴史や見どころを紹介している観光スポットです。

館内にあるねぶたミュージアムは、開放的な吹き抜けになっており、ねぶたの始まりや歴史の他に、共に発展してきた青森の街の歴史も含めて、映像や造作物といった形で分かりやすく紹介されています。

さらに、ねぶたホールではまさにねぶた祭で使われたねぶたが5台も展示されていて、間近で見るねぶたの凄まじさには子供から大人まで圧倒されてしまうほどです。

また、実際にねぶたのお面を作れたり、ねぶたについての様々な話を職人さんが教えてくれる体験コーナーもあります。

青森駅の海沿いにあるねぶたの家 ワ・ラッセには、レストランやショップも入っているので、お天気が良く気持ちの良い日には外を散歩してみたり、ゆっくりできそうですね。

 【詳細情報】 
  • 名称:ねぶたの家 ワ・ラッセ
  • 住所:青森県青森市安方1-1-1
  • アクセス:青森駅より徒歩1分
  • 料金:大人600円、高校生450円、小中学生250円
    ※青森市内の小中学生は無料(証明書要)
  • 駐車場:有り(有料・100台)
  • お問い合わせ:017-752-1311
  • >>公式サイトはこちら

津軽伝承工芸館

津軽伝承工芸館は、伝統ある津軽の文化を見るだけに限らず体験もできて、いつも観光客で賑わっているスポットです。

こけしの制作現場の見学や絵付け体験ができたり、津軽三味線の生演奏を聴くこともできるなど、伝統文化に触れることの少なくなってきた昨今では非常に珍しい体験となるのではないでしょうか。

その他にも、歴史のあるお祭りを再現しているコーナーがあったり、津軽の伝統工芸品を製作している工房では間近で職人達の実演を見学することができるだけでなく、実際に体験できるようにもなっています。

さらに、広場にある源泉かけ流しの足湯スペースは、大人用と子供用に分かれて100人以上もの人たちが浸かれる広さがあり、老若男女みんなで楽しめて癒やされちゃいます。

レストランや軽食コーナーがあったり、代表的な津軽のお土産がたくさん置いてある売店などもあり、ゆっくりと買い物できるのでオススメです。

 【詳細情報】 
  • 名称:津軽伝承工芸館(つがるでんしょうこうげいかん)
  • 住所:青森県黒石市大字袋字富山65-1
  • アクセス:
    【電車の場合】
    JR弘前駅より車で25分
    【車の場合】
    黒石ICより約10分
  • 料金:大人・子供ともに入場無料
    ※一部有料あり
  • 駐車場:有り(無料・300台)
  • お問い合わせ:0172-59-5300
  • >>公式サイトはこちら

大自然を堪能できる青森子連れ観光スポット

大自然を堪能できる青森子連れ観光スポット

グリランド

グリランドでは、世界で最大の二重カルデラ湖である十和田湖を周遊するボートツアー体験ができます。

カルデラ湖とは、火山が噴火して火山活動からできた火口部分にある凹地(くぼち)に雨水などが溜まって湖になったもので、特に十和田湖は非常に珍しい二重カルデラ湖です!

十和田湖には原生林があったり自然豊かな天然のアドベンチャーパークのようで、野生の動物たちに会えることもあったりするので、子供たちははしゃいじゃうかもしれませんね。

さらに、グリランドではヒトが踏み入ることのできなかった秘境中の秘境である、イトムカの入り江にも唯一行くことができちゃいます。

多少スリリングなボートで巡るのですが、沈まない構造の安全なボートで、なおかつライフジャケットもしっかりと着用するため、小さな子供でも安心して参加できます。

青森の大自然を存分に満喫するには、うってつけの観光名所ですので、ぜひ子供と一緒に貴重な経験をしてみてはいかがでしょうか。

 【詳細情報】 
  • 名称:グリランド十和田湖RIBツアー
  • 住所:青森県十和田市大字奥瀬字十和田湖畔宇樽部123-1
  • アクセス:
    【電車の場合】
    新青森駅/八戸駅よりJRバス十和田湖行き「下宇樽部(しもうたるべ)」下車徒歩30秒
    【車の場合】
    東北自動車道 十和田ICより国道103号で十和田湖へ、十和田湖の青森県側に入り奥入瀬渓流方面に約5㎞(宇樽部キャンプ場の近く)
  • 料金:大人4000円~、子供(12歳未満)2000円
  • 駐車場:有り(無料・60台)
  • お問い合わせ:0176-75-2755
  • >>公式サイトはこちら

岩木山観光りんご園

岩木山観光リンゴ園は、30000坪もの広大な敷地で2000本のりんごの木を育てていて、40種類のりんごを始め、さくらんぼやももにトウモロコシの収穫体験ができるフルーツ園です。

「葉とらずりんご」というりんごの葉を取らずに栽培する方法にこだわっており、蜜がいっぱい詰まっていて甘く、香りも豊かで真っ赤なりんごを時間無制限での食べ放題ができるので、子供たちからも人気が高くなっています。

さらに、岩木山の標高である1625mに関連して、16250円でりんごの樹のオーナーになることもできて、自分のりんごの樹がどのように育って、どういうりんごが実ったのかということを知らせてもらえたり、実ったりんごは送ってもらえるので、スーパーで買うりんごよりも思い入れがあって、より一層美味しく感じられちゃいますよね。

また、りんご狩りだけでなく、季節によって収穫できる果物も変わってくるので、それぞれの果物の季節に合わせて一年に何度も果物狩りを満喫できます。

たくさんの蜜が入ってシャキシャキしているもぎたてのりんごを味わうことも、子供にとっては食育にもなったりするので、小さい頃から体験させてあげることも大切ですね。

 【詳細情報】 
  • 名称:岩木山観光りんご園
  • 住所:青森県弘前市百沢字寺沢120-3
  • アクセス:
    【電車の場合】
    JR 弘前駅より弘南バス枯木平線(百沢経由)「観光リンゴ園前」下車すぐ
    【車の場合】
    東北道大鰐弘前ICより国道7号、県道260・3号、アップルロード経由で20km
  • 料金:りんご狩り 中学生以上800円、小学生以下600円
    ※おみやげ付きは1500円
  • 駐車場:有り(無料・20台)
  • お問い合わせ:0800-805-0207(フリーダイヤル)
  • >>公式サイトはこちら

青森観光はどこへ行く!?子供と一緒に楽しむおすすめスポット6選のまとめ

子連れで楽しむ青森観光スポットの参考になりましたでしょうか?

日本で一番のりんご生産高を誇り、本州で最北の県である青森県は、世界自然遺産である白神山地はもちろんのこと、その他にも奥入瀬渓流や十和田湖などといった自然豊かな観光スポットが盛りだくさんです。

子供連れでも家族みんなで楽しめちゃう観光スポットを探して、めいっぱい青森観光を満喫してみてはいかがでしょうか。

-青森県

Copyright© ガイドなび , 2019 All Rights Reserved.